KURIのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 伏見稲荷から大文字山へ

<<   作成日時 : 2015/04/24 11:50   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


伏見稲荷駅から出発したのが午前9時。
修学旅行生と外国人に揉まれながら千本鳥居をくぐり、四つ辻から登山道へ入ると突然に周りに誰もいなくなった。

画像


ふわふわの土、木漏れ日の登山道を快適にアップダウンを繰り返し東山を北上していき、午後1時前に大文字山山頂手前に着きやっと昼食。

画像



山頂からは山科に下り、トータル18kmを6時間で歩いた。

画像

白いタツノオトシゴみたいのは、ギンリョウソウ(銀竜草)。

画像

将軍塚ではカワイイ幼稚園児に囲まれほのぼの。

画像

山笑う季節、どちらを向いても新緑が美しかった。
画像


毘沙門堂では八重桜が満開。

晴れた気持ちのよい日。日差しはきつかったが木陰は風が涼しく、長距離歩いても汗は心地よく乾いてくれた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
鳥居で有名な伏見稲荷だぁぁ。都下には東伏見駅という駅があり、伏見稲荷神社から勧請された伏見稲荷があります。(新婚当時、しんちゃんパパは東伏見駅に通勤していました!)
しんちゃんママ
2015/04/24 16:59
幼稚園児たちかわいいね〜♪
これが小学生の団体で山ですれ違うと、
挨拶攻撃がうるさくてかなわんw
Aki
2015/04/24 17:14
しんちゃんママさん
東伏見稲荷神社は中島飛行機の社員研修所跡地に建立されたというと、昭和に勧請された神社なのですね。存在自体初めて知りました。
KURI
2015/04/24 19:51
AKi兄さん
幼稚園児はカワイイですねー。
みんなで「ヤッホー!」と叫んでいました。
幼稚園が見えるかなぁ?と先生が叫んでいらしたので、市内から歩いて登ってきたのかもしれません。
見ていて微笑ましかったです。
KURI
2015/04/24 19:53
都内でも神社は参道や緑があって、それらしい環境がそなわっています。しかし、衝撃的だったのは偶然に通りがかった虎ノ門 金刀比羅宮=B高層ビルの中に社殿が入っているようで、ビックリしました。逆に感動したのは外苑前駅のそばにある梅窓院。幹線道路に面しているはずなのに、山門を入ると竹の生い茂った参道があり、京都みたいな風情でした。都心とは思えない異空間でした。
しんちゃんママ
2015/04/25 10:03
しんちゃんママさん
「虎ノ門 金刀比羅宮」と「梅窓院」、ネットで写真を見てみましたが、おっしゃられるようにまるで異空間ですね。狭い土地を生かして上手に作られていて感心しちゃいました。
KURI
2015/04/25 11:01
私達が登ったのが25日(土)ですが、
投稿が24日なのでその前の木曜日?
伏見稲荷からは京都トレイルの道なので懐かしいです。
今回、子供達にもお気に入りの大文字山になっている事を知りました。

山科への歩きやすい道は「A14」とある場所から右へ下れば良かったのかと思いましたが・・。
「A14」から左へ下った所にある林道は左右何処へ向かうのでしょうか。
(コメントにあった)恐怖の「鉄塔道」で、四ノ宮へ向かう途中から毘沙門堂への分岐があります?
大文字山の専門家なので、宜しくお願いします
アルクノ
2015/05/01 09:09
アルクノさん、こんにちは。
コメントをいただきありがとうございます。山科へのわかりやすい道はお察しの通りA14を右へ下る道になります。「左へ下った所にある林道」は現在造成している道なので、どこへ繋がるのかまだたどったことがありません。今回アルクノさんが四ノ宮へ縦走された道は、県境尾根の道だと思いますが、一燈園に下りられたというと、諸刃山のピークからそのまま南下せずにやや南東方面の鉄塔道に入ってしまわれたのだと思います。正規のルートはそのまま南下して疏水公園の諸刃神社(四ノ宮)の上に出ます。県境尾根の道から毘沙門堂に出るコースは、いくつかありまして、どれも標識がなかったり、木の幹に落書き程度に書いてあるだけなのでわかりにくくお勧めしません。ひとつは毘沙門堂の北西のお墓へ、もうひとつは毘沙門堂の東の竹林に下りてきます。
大文字山はまだ私も知らない道が多くて迷うこともあります。一人で歩くときはなるべくハイカーのいる道を歩くようにしています。アルクノさんの今回のルートは、かなりマニアックなコースだったと思います。(^_^)
 
KURI
2015/05/01 14:54
詳細に説明頂きありがとうございます。
コピーして、保存しました。
色んな道がある事に驚きますが、それだけ親しまれているのだと思います。
探索、頑張って下さい。
アルクノ
2015/05/01 16:42
アルクノさん
山歩きの経験がまだまだ浅く、大文字山の歴史に関してもわからないことだらけです。それでも京と近江あいだにあるこの山塊は山歩きの面からも歴史的な面からも私にとって大変魅力的な山です。たくさんの人が安全に歩いてくださればいいなと思います。ありがとうございました。
KURI
2015/05/02 08:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
伏見稲荷から大文字山へ KURIのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる