KURIのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 鏡山@京都山科

<<   作成日時 : 2015/06/12 17:19   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


 昼から雨という予報でしたので、早めに登っちゃおうと山科駅集合がいつもより早い9時30分。
 いつもの3人揃っての山歩き。

 山科駅から北上して洛東高校の脇を登り、毘沙門堂に着く手前の左手の山を登る。

 山の地図ではしっかり点線があるのだが、その場所は上の写真のような感じ。

 踏み跡もほとんどない。

 GPSでも場所は間違いなさそうなので道らしき場所を登っていくが、やはり道はなし。

画像


 無理やり急斜面を登って、なんとかあの尾根まで出られればと頑張る。

 尾根に出たもののやはり道はなし。

 次はピークらしい場所を目指して登っていくと、やっと登山道と合流した。
 この道はどこから来ているのか確認も出来ないまま鏡山を目指す。

画像


 登り始めから30分ほどで鏡山に到着。
 たった200mちょっとの山なのにてこづりました。

そこからはとっても快適な尾根道が続き、西へ西へと気持ちよく歩けました。

30〜40分ほど歩いたところで大文字山Gコースと合流し、やっと頭の中の地図とつながりました。

画像


 そのまま七福思案処に到着し、そこで昼食をとったのが11時過ぎ。
ヤブ蚊と戦いながらお弁当を食べたのち、空も徐々に怪しくなってきたのでこのまま大文字山山頂は踏まずに下山することにしました。
 
 日向大神宮へと向かい、伊勢大神宮遥拝所で参拝して下山。
画像


画像



画像


 大文字山界隈はまだまだ知らない所がいっぱいで、童心に戻って山を駆け巡っています。(^_^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
2万5千分の1地図を片手に、藪へ突っ込んでた頃もあるけど、やっぱ葉の散った時期限定かなぁ
この季節藪蚊と戦いながら登るのは、なかなかです^^
Aki
2015/06/13 08:31
Aki兄さん
最近はもっぱらGPS付きのスマホの山地図。これに慣れちゃうと地図とコンパスに戻れません。でも一応保険として地図とコンパスは持って行きます。
この時期、小さい虫がまとわりつくのがホントうっとうしい。食事中に来られると、歩いて食べよかと思うほどです。蚊に効果的な団扇も必ず忘れるし。
KURI
2015/06/13 09:45
また新道を発見なさいましたね(笑)
最後の写真は、日向大神宮ですか? 樹木の幹の太さに歴史を感じます。
本読みと山歩き
2015/06/14 06:34
本読みと山歩きさん
現在のGPSの誤差がよくても5m前後。山でのその差は崖の上か谷底かの差にもなってしまうので考えると恐ろしいですよね。日向大神宮は社伝が正しければ顕宗天皇の時代と言いますから4世紀あたり。そうなると京都で一番古い神社となっちゃいます。
KURI
2015/06/14 08:23
山地図に点線の道なのにあまり通らない道のようですね、山道は人が通ったり整備をしないとたちまち藪になってしまうようです。
尾根からは快適な道でいつもの大文字の道に出られてよかったですね、三人で良かったと思います、1人だったら心細くなっちゃいますから、雨に合わなくて良かったですね。
go
2015/06/14 17:50
goさん、いつもありがとうございます。
今から考えてみると、そもそもGPSでの現在地がズレていて、道のないところから登り始めてしまったんじゃないかと思えてきました。また後日検証しないといけないようです。おっしゃられるようにひとりでのことでしたら途中で心細くなって引き返していたと思います。3人の先輩方と一緒だとついつい冒険心が出てしまいます。雨にも降られず無事に下山出来てラッキーでした。
KURI
2015/06/15 16:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
鏡山@京都山科 KURIのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる