KURIのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 鯖寿司

<<   作成日時 : 2015/08/06 20:39   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


 鯖寿司は大好きなんですが、買うと高価なのでなかなか食べられません。
それなら作ってしまえと思い、作ってみました。

思う以上に簡単で安くおいしく出来ました。

スーパーで買った塩さば(290円)。
腹骨を取り、小骨を取り除き、酢に漬ける。15分漬けて、裏返してもう15分(合計30分)。
酢から取り出し、ラップに包んで冷蔵庫へ。→6時間ほど冷蔵庫に放置。

いつも通りにご飯を炊く。いつもと違うのは昆布を一枚乗せて炊くこと。

炊き上がったら、酢飯を作る。今回は簡単に「すしの子」を使う。1合で大さじ1杯。


冷蔵庫からサバを取り出し、縦に切れ目を入れて少し開く。
 そこへ、ワサビ、白胡麻、千切りの大葉を置いて、おにぎりにした酢飯を乗せていって、
鯖寿司の形にしていく。それを巻き簀で巻いてギュッと力を入れる。

 濡れた包丁で切って出来上がり。

  期待以上に美味しかったので大満足でした。(^_^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ばってら、大好き。
>鯖寿司は大好きなんですが、買うと高価
 ⇒奇遇ですね。今週の生協注文書に『昆布じめしめさばで作る鯖すし』のレシピが載っていました。生協の昆布じめしめさばよく買うのですが、鯖ずしにするとはビックリ。もちろん、注文したので、KURI様のレシピを参考にさせていただきます。
しんちゃんママ
2015/08/06 22:36
私も鯖寿司は大好物です、KURIさんの造られた鯖寿司は身が厚くて美味しそう、ゴックン。
go
2015/08/07 07:06
 子供の頃はお刺身といえばまぐろのブツ、冷凍イカ、そしてシメサバだった気がします。マグロのブツはスジが多くて食べづらかったのですが、シメサバは大好きでした。滋賀にきてから鯖寿司を知りましたが、食べるのはお祭りの時くらい。義母が作ってくれたものがおいしかったのですが、最近は作らなくなりました。それでそれを受け継ごうと義母からつくり方を聞いて作りました。ただ義母が作る鯖寿司は甘い(酢飯も甘いし、鯖も甘酢で〆ます)。私は鯖は酢だけで〆ました。(^_^;)ママさんもぜひチャレンジしてみてください。(^_^)
KURI
2015/08/07 09:09
goさん
関東にはありませんでした。鯖寿司とバッテラの区別さえ知りませんでした。いろいろなお店の鯖寿司、いくつかのご家庭の鯖寿司をいただいて、同じものがひとつもないっていうのが面白いです。塩加減、酢〆の加減、ご飯の炊き具合、酢飯の味、鯖の脂の乗り具合、昆布の使い方など、それぞれにこだわりがあるようです。私もこれから何回も作ってみて自分なりの味が出せるようになればいいなと思います。
KURI
2015/08/07 09:13
しめ鯖は大好物、真似してみたい!
でも文化干しは見かけるけど、
塩サバって群馬にあるのかなぁ…
Aki
2015/08/07 09:18
Aki兄さん
こちらでは当たり前のように塩サバが並んでいるけど、関東では違うようですね。福井と京都結ぶ「鯖街道」という道があるくらい鯖は身近な魚のようです。文化干しだとちょっと鯖寿司には難しいよね。(^_^;)
KURI
2015/08/07 09:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
鯖寿司 KURIのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる