アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「歴史」のブログ記事

みんなの「歴史」ブログ

タイトル 日 時
10周年
10周年  このブログも10周年という連絡をいただいた。 10年前はまだコアユ釣りに励んでいた頃だったか。今から思えば40代って若いなって感じる。 それこそ10年後は60代になっていて50代は若いなって感じていることだろう。 前回の日記で手書きでMDノートに万年筆と色鉛筆を使って日記を書いていると記してありますが、 やはり笑ってしまうことに3〜4ヶ月で止まっています。飽きっぽいのでしょうね。それでもよくあのクオリティで3〜4ヶ月続いたなって自分でも感心します。  今は時々万年筆でノートにも書いた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 10

2017/02/17 10:40
出町柳
出町柳  先日、比叡山からきらら坂を通って修学院へ下ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/15 15:33
石清水八幡宮へ参拝
石清水八幡宮へ参拝  あじさいの蕾はまだこんなに小さいのに、近畿地方が昨年よりも18日も早く梅雨入りしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/26 19:27
叶匠壽庵
叶匠壽庵  全国有名デパートに出店している和菓子の老舗である「叶匠壽庵」の総本店が大津市長等にあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/19 12:35
日本の道100選
日本の道100選  いつものように瀬田の唐橋を渡っていると、中之島にひとつの石碑があった。それにはプレートが埋め込まれており「日本の道100選 唐橋」と書かれていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/04/10 08:09
今読んでいる本と届いた本
今読んでいる本と届いた本  今読んでいるのが写真左端の「逆説の日本史〜アイヌ民族と幕府崩壊の謎、江戸成熟編17」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/05 23:06
大祓
大祓  何か悪いことが起こった時、起こりそうな時にお祓いをしてもらうという行為は、現代では行事として厄除というかたちではあるが、お祓いをするというのは少ないかもしれない。しかし、日本史を紐解けばそれほどページを戻らなくとも当たり前のように目に入ってくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/20 22:28
ひな人形展@大津市坂本西教寺
ひな人形展@大津市坂本西教寺  今日は気持ちのよい日でした。  早朝からひとりで散歩に行き、午前10には帰宅。 昼食後は、家内と小学生2人を連れて、大津市坂本にある西教寺へ行って来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/27 17:34
三井寺の門松
三井寺の門松  三井寺の前を通りましたら、立派な門松が飾ってありましたので1枚パチリ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/19 20:56
三尾神社
三尾神社  昨日は午前10時半に大津歴史博物館で家内と待ち合わせ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/14 23:17
清明神社
清明神社  二条城駅からしばらく北へ上ると左手の道端にあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/12 20:09
二条から下って東寺まで
二条から下って東寺まで  初冬の風のない小春日和の11月21日日曜日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 16:41
石山寺の燈籠
石山寺の燈籠  石山寺の燈籠には不思議な紋様が入っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/14 21:38
石山寺の紅葉
石山寺の紅葉  大津市の石山寺の紅葉が「見頃間近」ということで、混雑する前に観に行くことにしました。  午前10時に遅い出発ですが、一緒に行くと言う子は小学生3年の末娘だけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/14 16:24
「大津 国宝への旅」@大津歴史博物館
「大津 国宝への旅」@大津歴史博物館  文化の日は朝から「京阪大津線感謝祭」「近江神宮の流鏑馬」と見て、午後からは近江神宮から歩いて三井寺の西にある大津歴史博物館にやってきました。現在開催中の「大津 国宝への旅」という企画展示を観覧します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/04 15:14
流鏑馬@近江神宮
流鏑馬@近江神宮  先月17日に上賀茂神社の笠懸神事に魅了されて、今回は地元大津市で天智天皇を祀る「近江神宮」の「流鏑馬」を見学してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/04 14:58
本日:文化の日の予定は
本日:文化の日の予定は  文化の日の今日は、まず朝から京阪の錦織車庫で行われる「大津線感謝祭2010」に参加し、昼食後に近江神宮で流鏑馬を拝し、つづいて大津歴史博物館にて「大津 国宝への旅」の展示を観て、そのまま長等山園城寺(三井寺)を参拝する。  何とも文化的ではないか! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/03 09:33
生誕100年特別展 白洲正子「神と仏、自然への祈り」@滋賀県立近代美術館
生誕100年特別展 白洲正子「神と仏、自然への祈り」@滋賀県立近代美術館  午前中は久しぶりに休日の晴れ間がのぞき、朝から散歩がてら県立近代美術館の白洲正子特別展に行って来た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/31 16:27
北大路魯山人生誕地
北大路魯山人生誕地  あれ? これなんだろう?    そう思って石碑を読んでみると、「北大路魯山人生誕地」と書いてあります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/25 22:31
上賀茂神社から下鴨神社へ
上賀茂神社から下鴨神社へ  笠懸神事を見た後、上賀茂神社へ参拝し、そこから賀茂川の河川敷を南に下り、下鴨神社へ向かいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/20 20:02
上賀茂神社「笠懸神事」2010年
上賀茂神社「笠懸神事」2010年  よく晴れた秋の日に、例の彼と一緒に京都北山の上賀茂神社にて行われた「笠懸神事」を見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/10/17 21:52
性器のある狛犬2
性器のある狛犬2  昨日掲載した京都・熊野神社の狛犬に性徴があるということ書いたが、今日はその熊野神社から南に東大路通を数百メートル下った場所にある東山駅に近い「満足稲荷神社」という一風変わった名前のお稲荷さんである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/14 15:44
性器のある狛犬
性器のある狛犬  初めてみました。  狛犬に性器がついているなんて。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/10/13 20:40
「京都日本画の誕生」と大津祭
「京都日本画の誕生」と大津祭  予報は外れて朝から晴れ間が出ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/10/10 22:29
大津祭 宵宮
大津祭 宵宮  今日は大津祭の宵宮ですが、生憎のお天気。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/09 16:44
晴歩雨読
晴歩雨読  昨夜からの雨は昼過ぎまで続き、午前中はパソコン作業と読書。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/23 21:40
吉野・金峯山寺秘仏「金剛蔵王権現」を拝する
吉野・金峯山寺秘仏「金剛蔵王権現」を拝する  午前9時に彼のかっこいい青い車で大津を出発。  今にも降り出しそうな、重い雲が空を覆っている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/09/17 22:42
今日届いた本
今日届いた本  一昨日読み終わった本が大変面白くて、ついつい同じ著者のものを注文。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/09/15 23:00
鞍馬寺の狛犬
鞍馬寺の狛犬  アニメのキャラクターのようなこの狛犬。実は「寅(とら)」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/31 22:02
蔵王権現にお会いしたい
蔵王権現にお会いしたい  平城遷都1300年を記念して、奈良吉野にある金峰山寺の蔵王堂の中の秘仏「金剛蔵王権現」がご開帳される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/30 20:38
雨・雨・雨
雨・雨・雨  よく降っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/03 15:30
新羅善神堂と弘文天皇陵
新羅善神堂と弘文天皇陵  大津市の古刹である三井寺の境内には、新羅善神堂という不思議なお堂があります。 ここに祀られているのは新羅の神様です。新羅とは、昔の朝鮮半島の三国「新羅、高句麗、百済」の新羅です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/01 20:46
伏見稲荷
伏見稲荷  2ヶ月ちょいぶりの彼氏との京都旅行は、伏見稲荷大社へ行ってきました。  伏見稲荷はご存知全国に3万社ほどある稲荷神社の総本宮です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/21 21:23
ハプスブルク展
ハプスブルク展  今日は家内と長女と一緒に「ハプスブルク展」に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/25 21:04
東山散策
東山散策  いつもの友人とのデートは1ヶ月ほどお休みでしたが、今年最初のプチ旅は東山散策です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/18 22:19
坂本までの散歩
坂本までの散歩  大津市街地から湖西の道を歩いて2時間。  比叡山延暦寺および日吉大社の門前町である「坂本」に行ってきました。    近江神宮の前の道をひたすら北上していくと到着します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/04 19:37
石鹿地蔵尊
石鹿地蔵尊  散歩でいつも通過する「膳所(ぜぜ)城趾公園」の中にあるお地蔵様です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/11/30 20:34
春日大社
春日大社 東大寺から修学旅行生の小学生たちと一緒に歩いて春日大社へ向かいます。歩いて20分ほどです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/11/14 16:31
東大寺
東大寺  正倉院展を見終えて東大寺へと向かいます。 途中、東大寺参道のお土産屋さんで遅い昼ご飯。奈良なのに「東京庵本店」でトンカツ定食いただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/13 22:24
正倉院展最終日
正倉院展最終日  今日は例のカレと一緒に奈良へ行ってきました。  大津から京都へ東海道線で2駅で10分。京都駅で近鉄に乗り換え、特急に乗って35分で近鉄奈良駅に到着。あっと言う間です。  奈良駅前には行基さんの銅像と平城遷都1300年祭のカウントダウン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/11/12 22:04
銀閣寺参道
銀閣寺参道  銀閣寺の参道はなかなか賑やかです。  あらゆるお土産屋さんが立ち並び、あちこちで呼び込みの声をあがります。 京都名物の八つ橋をはじめ、お茶や扇子、Tシャツ、民芸品、クレープなどなど、見ているだけでも楽しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/07 22:38
哲学の道から銀閣寺へ
哲学の道から銀閣寺へ  やってきました「哲学の道」。  ここをあの人と歩きたいと思い描くかたもたくさんおられると思います。 確かにロマンティックな小径です。  ただ、いつも人が多いので、なかなかロマンティックな雰囲気になれるかどうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/04 21:59
南禅寺
南禅寺  順番は戻りますが、蹴上駅で降りてまず向かったのは南禅寺でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/02 22:25
みかえり阿弥陀如来
みかえり阿弥陀如来  今日は奈良の正倉院展に行く予定でしたが、お天気が雨であることと、日曜日はかなり混雑が予定されることで、急遽予定変更で、京都へ行くことにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/11/01 21:26
京都:オヤジふたり旅 最終章
京都:オヤジふたり旅 最終章  ここまで10キロメートルほど歩いてきました。  最後は二条城ですが、その前に。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/10/27 22:24
龍安寺
龍安寺  やっと今回の京都小旅行の最後、「龍安寺」に到着です。 「龍安寺駅」から歩いている時には、まわりにほとんど人がいなかったのに、龍安寺周辺に着いたら観光客がいっぱい。みんなバスで来たのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/16 21:35
嵐電いろいろと天竜寺
嵐電いろいろと天竜寺  嵐電は四条大宮から嵐山までを結ぶ路線で1輛のかわいい電車です。ワンマン営業で、運転士さんが料金の受け取りや車内アナウンスなどいろいろ大変です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/09/14 20:24
嵐電で嵐山へ
嵐電で嵐山へ  今日もいつもの友人と京都へ出掛けました。  まずは京阪に乗って太秦へ。「蚕の杜」と「広隆寺」を見て、国宝の弥勒菩薩も拝んでから、今度は嵐電に乗り換えて一路「嵐山」へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/09/13 20:34
三井寺 ご本尊ご開帳
三井寺 ご本尊ご開帳  三井寺観音堂の如意輪観音のご開帳です。  反射してしまって見えにくいのですが、10月3日から11月30日までの約2ヶ月間拝観出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2009/09/08 22:20
立ち葵の紋
立ち葵の紋  散歩で大津市の膳所神社に立ち寄りました。  先日、穂高神社の家紋のページで話題に出た本多家の立ち葵の家紋が撮影出来ました。    膳所神社の表門は、膳所城の城門を移築したもので、二の丸と本丸との間にあった城門とのこと。そこに使われている紋は葵の葉が三枚ですが、徳川の丸に三つ葉葵ではなく、「立ち葵」となっています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/07 21:12
銅鐸博物館・コスプレ
日本最大の銅鐸のレプリカとコスプレした娘たちのスナップショット。 手には石斧?石のナイフみたいなものを持っています。  服も涼しそうでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/26 21:47
穂高神社の紋章
再び安曇野の穂高神社の話題。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/25 22:02
銅鐸博物館
 先週の木曜日は、家内と長女が京都のルーブル美術館展に行ってしまったため、残ったメンバーで滋賀県野洲にある「銅鐸博物館」に行ってきました。  ここ野洲市小篠原の大岩山では、明治14年に14個、昭和37年に10個の銅鐸が発見されています。その中には日本最大となる高さ134、7cmの銅鐸も含まれておりました。  銅鐸とはいったい何だったのか?  そういったことを詳しくビジュアルと音声を使って説明してありました。    古代人のコスプレをしての写真撮影もあって、子供たちも喜んでいまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/08/23 17:09
安曇野と穂高神社
 帰省の最終日は信州の安曇野に行ってきました。  安曇野(あずみの)という変な名前の地名は、安曇一族という南方系海人族が移り住んだ地域というのが由来です。 ここは本当に気持ちのよい場所です。数少ない「ここなら住んでもいいなぁ」と思う場所でもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/08/16 23:07
掘り出し物
 家内の実家をがさごそしていると色々なものが出てきます。義母の物持ちの良さには感心するばかりですが、今回出て来たものがコレ。  「天然色写真」です。  京都の観光ではなく「観光の京都」です。 この天然色写真はなんだか懐かしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/07/22 23:08
比叡山
 今日も友人が遊びに来てくれたので、男二人で比叡山延暦寺へ行ってきました。  京阪石坂線で坂本駅まで行き、そこから歩いて坂本ケーブル駅へ。  上の写真はそのケーブルカーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/09 21:00
太陽の塔と0系新幹線
 昨日の夕刊の1面に掲載されていた1枚の写真に目が釘付けになりました。    この写真は永久保存版です! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/17 20:52
お稲荷様
 蚕の杜(木嶋坐天照御魂神社)の末社にお稲荷様がありました。  狐さんの間を通り、石橋を渡って一番奥に薄暗い祠がありまして、その祠の一番奥にお稲荷さんが祀ってあるのですが、その祠が怖くて入れません。  お稲荷さんで入れなくてお参り出来なかったのは初めてでした。今まで不動様では怖くてお参り出来なかったのはあっても、ここのお稲荷さんの祠は凄い霊気が出ているような気がしました。  祠には入りませんでしたが、外からちゃんと手を合わせてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/06/12 21:14
太秦
 順庵じいさんの掲示板で、渡来人の話から太秦の話が出たので、今日は京都太秦へ行ってきました。大津から京阪に乗って30〜40分で太秦天神川駅へ到着しました。今日の一番の目的は太秦広隆寺の「国宝第一号 弥勒菩薩半跏思惟像」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/06/11 17:52
弁慶引き摺り鐘
 三井寺にある「弁慶引き摺り鐘」です。  確かに引き摺った痕が残っていますが、この大きな鐘を引き摺ったとは、想像を絶するほどの巨人だったのでは?と思われます。当時の日本人ではまずあり得ないと思うのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/12/09 21:26
紅葉狩り@日吉大社
 今日は大津市坂本にある紅葉で有名な日吉大社へ行ってきました。昨年は休日に家内とチビ二人を連れて行きましたが、今年は子供は学校、家内も野暮用でいないので一人で出かけました。  紅葉のピークは過ぎておりましたが、それを差し引いても昨年より色づきが悪いような気がします。冷え込みが足りないのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/11/27 16:02
衆宝観音
 三井寺の境内にある変わったお姿の観音様です。「衆宝」とは衆生が求めてやまない財宝のことで、この観音様を信仰すれば財宝が貯まり、幸せになれるという観音様とのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/24 15:42
大津祭
 大津の秋の風物詩「大津祭」は11日に宵宮、12日に本祭が行われました。 例年通り、13基の曳山が巡行しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/10/13 12:09
「京都散歩」東山から伏見稲荷まで
 京阪で「東山」まで行き、そこから白川沿いに南下して知恩院方面へ向かいました。ここはよく映画で出てくる場所。「舞妓Haaan!!!」にも出てきましたし、「天使の卵」にも。ちょうど人力車が入ってくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/09/14 21:00
御霊神社
 大津には御霊神社と呼ばれる神社が3つあります。どれも壬申の乱で大海人皇子に破れた大友皇子(弘文天皇)を祀っています。この御霊神社は「天応元年築社殿」と書いてありますので、壬申の乱から109年経ってから建てられた神社のようです。  大津では大友皇子は手厚く祀られています。近江京で5年間を過ごした大友皇子は、壬申の乱後に近江京を捨てて飛鳥浄御原へ遷都してしまった大海人皇子にくらべ身近に感じたのかもしれません。  天智天皇系と天武天皇系の争いである壬申の乱は、日本の歴史を振り返っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/09/12 21:03
イチゴパンツ
 本能寺の変 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/07/01 22:46
柳が崎遊泳場
 先日ブログに書きました旧琵琶湖ホテル。その脇にあるのが「旧柳が崎遊泳場」です。旧と書きましたのは、今では水質が悪くて泳ぐ人がいません。よって、この場所は個人用バス釣りのボートや水上バイクの基地になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2008/06/25 21:31
源氏物語千年紀 in 湖都大津
なかなか目立つ京阪電車です。 源氏物語千年紀in湖都大津にちなんで城安造形大学の方々が描いてくださったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/13 21:30
近江神宮
 散歩で大津市の近江神宮へ行ってきました。これが一の鳥居。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/07 21:25
石山寺
石山寺に飾られていた源氏物語絵巻の屏風(複製) かなりの大きさがあり、見応え十分でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/21 21:07
旧竹林院の茶室
 盆梅展が開かれていた大津市坂本の旧竹林院は、元々里坊だったのを明治時代に資産家が買い取り整備したものとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/15 22:17
本能寺
 「敵は本能寺にあり!」と主君に反旗を翻したとされる明智光秀が目指したのはココ。本能寺であります。でもこんなに狭い入り口じゃ攻め込むのも取り囲むのも大変かも。  本能寺の裏通りからの入り口がここになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/02/02 20:59
勧請縄
 しんちゃんママさんに千葉県の「辻切り」について教えていただきましたが、昨日近所を散歩しておりましたら膳所の篠津神社の鳥居に立派な注連縄を発見。これはなんだろう?とネットで調べてみましたら「勧請吊り」「勧請縄」「道切り」「辻切り」と呼ばれるものらしいことが分かりました。しんちゃんママさんの「辻切り」と同種のものだったことにビックリです。  滋賀県では湖南地方と湖東地方で見られるものとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/01/21 20:41
梅小路公園
 今日は家内がお出かけということで、チビたちの子守りをまかされた私は久しぶりに車を運転して京都へと向かいました。長女以外の4人の子供たちを連れ向かった先は、京都駅から西へ少し行ったところにある「梅小路公園」です。ここには京都駅から徒歩15分とは思えないほどの広大な公園であり、しかもそこには「鉄ちゃん」が垂涎の蒸気機関車が並んでいまして、しかも動いている蒸気機関車に乗れちゃうのです。もう私はワクワクドキドキでした。  まずは1枚目の写真はデゴイチから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 21:22
焔魔堂
 昨日のブログの時刻表は近江バスの「焔魔堂」バス停のものでした。この「焔魔堂」の焔魔は、あの閻魔さまの「焔魔堂」です。焔魔堂の入り口には「焔魔法王小野篁御作」という石碑が建っていますので、きっと本堂の中には小野篁(おののたかむら)が彫った焔魔法王があるのではと考えられます。何と言っても小野篁という人は夜な夜な井戸からの地下道を抜けて地獄へ行き、閻魔様の補佐官をやっていたという人物ですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/12 21:39
膳所城事件
幕末1865年に膳所城においてとんでもない事件がおきました。 上洛しようとしていた14代将軍徳川家茂を膳所藩士が暗殺を企てているという噂が飛び、将軍は膳所城で宿泊しようといていたが急遽大津宿に宿泊する事になった。  膳所藩では、中老保田信解以下十一名の尊攘派を切腹或いは斬罪に処した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/18 16:17
哲学の道
今朝は急に哲学の道を歩きたくなったので、京阪電車に乗り込み「蹴上(けあげ)駅」で下車し、そこから南禅寺へと歩いて北上していきました。  南禅寺の三門は巨大です。修学旅行生がたくさん来ていましたが、その三門の大きさに驚いていました。石川五右衛門がこの三門から見下ろす京の街並をみて「絶景かな、絶景かな」と叫んだことで有名です。が、これは架空の話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/10/11 14:30
「戦国の大津 天下統一の夢、坂本城、大津城、膳所城」
 日曜日は大津歴史博物館へ「戦国の大津 天下統一の夢、坂本城、大津城、膳所城」という企画展を見に行きました。  あまり知られていませんが、大津に信長が作り明智光秀が城主となった「坂本城」、秀吉が作った「大津城」、そして家康が作った「膳所城」という、戦国3大名の作ったお城がありました。  特に大津城というのは知られていないと思いますが、これが意外と関ヶ原の戦いの時にこの大津城が重要な役目を果たしていたのです。  当時の城主は京極高次。関ヶ原に向かう途中の西軍がこの大津城を攻め落とそう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/09 20:55
建仁寺
建仁寺はお庭が美しかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/29 16:30
三条から七条へ
朝から弁当と朝食を作って子供たちを送り出した後、午前8時半過ぎに出発。今日は久しぶりに京都の街を散歩してこようと思います。 近くの駅から京阪三条駅まで約30分でした。 三条駅から鴨川沿いの大きな道が「川端通り」ですが、それの1本東側の道「縄手通り」を南へ下って行きました。上の写真は、縄手通からちょいと覗いた脇道ですが、とても情緒があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/27 18:00
古池や蛙とびこむ水のおと
 松尾芭蕉が「古池や蛙とびこむ水のおと」という句を読んだのが、この池という伝説が残っています。この池は昨日訪れた大津市の「岩間寺」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/18 21:31
岩間寺
この岩間寺は、元正天皇の勅願で創られたお寺です。元正天皇というと奈良時代の女帝であり、天武天皇と持統天皇の子である草壁皇子を父とし、母は天智天皇の娘である元明天皇というこれまた女帝です。西国三十三カ所のひとつであるこのお寺は「ボケ封じ」にいいと言います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/17 19:55
西教寺へ
昨日の続きです。 東を見下ろすと棚田とびわ湖が見渡せましたが、西は緑が濃い山を見上げます。これが比叡山です。その比叡山の麓を日吉大社から1kmほどアップダウンしながら歩いて行くと明智光秀の菩提寺である西教寺があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/28 22:03
慈眼堂
昨日は大津市坂本にある「慈眼堂」に行ってきました。ここは慈眼大師こと天海大僧正の廟です。どうしてここに天海の廟があるかというと、信長の比叡山焼き討ちの後にその復古に尽力したということでここに祀られているようです。この慈眼堂はとてもきれいにお庭がお手入れされていまして、とても良い「気」があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/27 21:17
戦後◯◯年
 私は1963年生まれで、太平洋戦争が終わってから18年後に生まれた事になります。私が子供の頃には戦争のことは教科書や書籍などで学ぶだけであり、生々しく語るものは既にありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/08/22 20:42
東照宮
 東照宮と言えば栃木県の日光東照宮が有名ですか、私の生まれ故郷にも東照宮があります。徳川発祥の地と言われる世良田にある東照宮に参拝してきました。当日は気温が39度。とても外を歩ける状態ではなかったので車で行く事にしました。  久しぶりに見た東照宮をみて驚いたのは、現在住んでいる大津市の坂本の町にも東照宮があるのですが、その2つの東照宮がかなり似ているということ。下の写真は大津市坂本の東照宮ですが、微妙な違いはありますがかなり似ているのが分かります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/16 10:35
京都守護職本陣
ここ黒谷金戒光明寺は幕末に暗殺・強奪で荒れに荒れた京都の治安を回復させるべく、遠く会津より命がけで守護職として参じた会津藩主松平容保の本陣となったところです。なぜここ黒谷が本陣に選ばれたというと、二条城は別として知恩院とここ黒谷はさりげなく城構えとなっており、1000人の兵を置く事が出来、御所にも近く、京の入り口三条大橋にも近く、小高い場所にあり遠くまで見渡せることが要因のようです。壬生の新撰組と黒谷の会津藩の間には毎日のように伝令が行き来していたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/07/31 20:59
京の散歩
今出川通りを東に進んで京都大学前を通過して少し行くと、おもむろに天皇陵があらわれました。これは「後二条天皇」と「後二条天皇皇子」の陵墓です。後二条天皇は南北朝分裂の過程の時代の天皇です。後二条天皇が24歳の若さで崩御された時に後二条天皇皇子である邦良親王(木寺宮)はまだ9歳でした。そこで皇位継承でもめ、鎌倉幕府がそれに口出ししてきたことで討幕運動へと展開して行く事になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/29 07:26

トップへ | みんなの「歴史」ブログ

KURIのブログ 歴史のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる