大文字山(山科駅からAコース、毘沙門堂・後山階陵遺跡・山頂・火床・銀閣寺・哲学の道・法然院・南禅寺・蹴上駅)

IMG_4651.jpeg


 予報では28度まで上がるとのこと京阪山科駅に午前9時43分到着。


 スタバ脇を抜けて地下トンネルで北側に出る


 安祥寺川沿いに歩いて毘沙門堂へ


 一番歩き慣れた道 Aコースへ


IMG_4655.jpeg


 木漏れ日の中、倒れた木々もまだ多く残っているが、訪れるたびに歩きやすくなっていて、日々整備してくださっているのを実感する


台風・大雨の直後は、倒木や土砂崩れでとてもじゃないが山頂まではたどり着けなかった


 今ではその前と同じ時間で登ることが出来る様になっている


IMG_4659.jpeg


 倒木を乗り越えるのはまだいいのだが、下を潜るのが辛い。


 それでも潜らないといけないのは、ほんの2〜3回だけになったのは本当にありがたい。


IMG_4661.jpeg


予定通り、1時間20分ほどで山頂に到着


まだ午前11時


山頂は平日にしては人が多かった


IMG_4663.jpeg

 山頂から南側を見たところ

 京都東山連峰が南に伸びていて、左手は山科。右側が京都市街地。

IMG_4668.jpeg

いつの台風の後からだっただろう

倒木を使ってベンチやテーブルが作られていた

お弁当を食べるときにとても重宝する

こういったベンチがあちこちにあり、団体さんでも受け入れられる状態になっている

持ってきたお弁当を食べて

午前11時30分ごろに出発

下りは大文字送り火の火床へ

こちらのコースは銀閣寺脇から登ってこられる一番人気のお手軽コース

今日もたくさんの人が登ってきていた

IMG_4674 (1).jpeg
火床から見た京都市街

山頂からの景色よりも、この火床からの景色の方が大迫力(写真ではなかなかそれが表現できないが)

右下の「二の字」のものが、火を灯す火床。

そこでの眺望を満喫して、さらに下る

IMG_4677.jpeg

途中、千人塚という広いところがあり、そこにも人はたくさん。

下は幼稚園児くらいから上は80代くらいのシニアまで、幅広い年齢層の人たちが登ってこられる

午後0時15分頃に銀閣寺に到着

IMG_4679.jpeg

山はとても賑やかだったのに、銀閣寺道はガランとしていた

一番大きなお土産屋さんもシャッターが閉まっている

観光客はほぼゼロという雰囲気

いつもならここは人をかき分けて歩いていくのに

寂しい限り

IMG_4681.jpeg

銀閣寺道を西に行かずに、南に進んでしばらく道なりに歩くと

「法然院」がある

ここはとても静かで厳かな雰囲気で大好きなところ

IMG_4683.jpeg

久しぶりに立ち寄ってみた

鳥の鳴き声

ししおどしの音

いかにも京都らしいいい雰囲気の場所

IMG_4686.jpeg

法然院から今度は哲学の道へ

IMG_4695.jpeg

前回歩いた時よりも、木々が生い茂って木漏れ日の道に

全体的にこんもりとした感じで別の場所みたい

それでも観光客はほぼゼロという状態

そして最後にたどり着いたのが

「南禅寺」

IMG_4700.jpeg

ここもやっぱり

観光客ゼロでした

こんなに新緑が綺麗なのに

もったいない

いつもタクシーが待機している場所にも

今日は1台だけしか待機していない


あともう少し

また元気な京都に戻ってくれることでしょう

京都の初夏は、いつものように美しかった

眩しい新緑に心癒されましたー!


最後に昼に食べたお手製弁当(食べかけだけど)

卵焼き、ウインナー、きんぴらごぼう、コアユの甘露煮でした

IMG_4669.jpeg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年05月28日 18:57
気分は京都旅行!!(3月はキャンセルになったので。。)
コロナが落ち着いたら、お寺の旅行や歌舞伎で
京都に行くと思うので、我慢我慢。

お弁当
 ウインナーと玉子焼きは定番。
 次回のステイホームしんちゃんパパ弁当に入れましょう。
  →

KURI
2020年05月28日 22:52
しんちゃんママさん
街の中は分かりませんが、銀閣寺、永観堂、法然寺、哲学の道、南禅寺はほぼ誰もいませんでした。お土産さんも一部を除いてみんな閉まっているので、まだ京都観光は厳しいですねぇ。
Aki
2020年05月29日 11:32
近ごろU-NEXTで『へうげもの』って戦国時代アニメを見ているけど、何かと出てくる山科って当時は山城国で京都じゃなかった、というより都の面積ってホントに狭かったんだね、まあ江戸のエリアも狭かったし同じようなもんか…
年末乗り換えで2回使ったなー山科駅なんか懐かしい。
KURI
2020年05月29日 23:28
Akiさん
 当時首都だった奈良から見たら「山背(やましろ)」「山の向こう側」ってことで、京都の南側はそう呼ばれていたみたいです。今でも奈良の人は京都を見下しているような、そして羨むような雰囲気があります。「京都はすごいけど、一番歴史が古いのは奈良だからね!」って。 京都から見たら東京は最近盛っているところって感じ。滋賀なんて京都から見たら、山科のその先の場所で「あんなとこ行っても琵琶湖以外何にもないやろ?」ってよく言われています。こちらにはそんな近畿カーストがあるような気がします。笑