ジョギングとマスクとアバター

IMG_4762.jpeg

 週に1〜2回ジョギングに行く

 大体晩ご飯を食べ終えてからの夜


 コロナ禍の時でも、あたりが薄暗くなってくるとウォーキングやジョギングの人が増えてくる

 昼間は自粛しているのだろうか?

 陽が落ちて、すれ違っても誰か判別できないくらいの薄暗さになった頃がいい


 キャップをかぶって

 街中ではマスクをしていたが、湖岸に着いていざ走り出すときにマスクを外す


 マスクをしながら走っておられる人もいるが、おそらく息苦しいと思う

 バンダナや手ぬぐい、薄手のタオルを口元に巻いている人もいる

 布の方が空気の通りは良いようだ

 あんな風通しの良い場所で、密でない状態でマスクが必要だとは思わないが、

 本人もつける必要があるのだろうか?と思いながらも、

 付けないと「変な人」って思われるのが不安で付けている節がある



 実際、N95などの細かい目のマスクをした場合に、どうしても息苦しくなり

 口で呼吸してしまうことが多い

 マスクをきっちり縁の部分を密着させればさせるほど

 息苦しくなってジョギング中でなくても口呼吸になる


 結局、マスクの細かい網目から空気が入るのでなく、

 吸っているのはマスクの縁からすり抜けてきたフィルターを通らない空気を

 口から吸うという最悪の状態


 それならマスクをしないで、口をしっかり閉じて、鼻呼吸に徹する方がよほど効果がある。

 電車の車内や飛沫やエアロゾルが心配な密閉された室内では、有効かもしれないが

 それ以外の場所では、マスクをして「口呼吸」をしている方がよほどリスクが高いような気がする。


 
 マスクなしでジョギングをしているが、

 超スロージョギングに徹しているので、鼻呼吸に徹している

 口で呼吸しないといけないようになったらすぐにスピードを落とすか歩いてしまうようにしている。


 マスクは、風邪をひいて鼻が詰まった時、どうしても口呼吸をしなければならない時はする。

 どうしても不意に咳やくしゃみが出てしまう時も同様だ。


 それ以外の時、自己防御のためには極力「口を閉じて」おくことを心がけている。



 ジョギングやウォーキングしている時、他の人とすれ違うが

 みんなお互いに距離をとってすれ違う

 すれ違ってから1〜2秒後に、その人の持つ空気がやってくる。

 その熱い空気がちょっと気になるのは確かだが、

 それはマスクをしていようが、関係なく鼻から入ってきてしまうので、気にしないようにしている。


 それでもみんな、帽子、マスク、サングラスで防御して、もうすれ違っても誰だかわからない。

 たまにすれ違った人に「こんにちは」と挨拶されても、

 とりあえず「こんにちは」と返すが、「誰だったろう?」って。


 匿名はネットの中だけだったが、このコロナ禍でリアルな街中も「匿名社会」になってきた。

 「帽子とサングラスとマスク」を持つ「アバター」。


 みんなそのアバターでリアルな社会も生きるようになるのかなぁ。

 私は任天堂の中では、こんなアバターで生活しています。(^_^) ↓

スクリーンショット 2020-06-07 8.15.42.png

そしてゲームごとに、勇者になったり、魔法使いになったり、動物になったり、ロボットになったり。

本当の自分ってなんだろう?って、時々考えます。









 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2020年06月07日 13:19
マスクをすることも習慣になり、
マスクをする時は
「どれにしようかな?」と、TPOを考えて(?)、選んでいます。
手作りマスクは個性があり、その日の気分で。。。  
 →病院に行く時は紙マスク
夜、手作り布マスクを洗濯。
洗いながら、送ってくださった方のことを思い出します。
本読みと山歩き2
2020年06月07日 14:09
こんにちは! 
アバターでリアルな社会で生き来ていく・・・深くて興味深いテーマですね。
これからの世の中の流れを注視せねばと思う日々。
コメントをいただきました先日の伊吹山北尾根ではマスクなしです。人がいませんから、そもそも。(笑)
あったのは山頂でご夫婦二人・・・距離を5mくらい離れて話しました。
すれ違う人が多い時はマスクをどうするか・・・考え処です。
KURI
2020年06月07日 19:33
しんちゃんママさん
 手作りの布マスクは呼吸も苦しくなく良いですよねー。ファッション性もあって近頃お洒落なマスクをよく見かけます。ミシンもよく売れたようで、やっと手に入ったという話もよく聞きます。(^_^)
KURI
2020年06月07日 19:40
本読みと山歩き2さん
 こんにちは! コロナ禍の前にもすでにフェイスガードのように顔全体を覆う日差し避けのサンバイザーが人気で、それを付けて自転車に乗っていると、自分の存在を消して、誰にも挨拶しないで済むと、おばちゃんたちに人気でした。これからの季節、サンバイザーだけ付けてマスクもメガネもなしで気楽に街を歩けると人気が出そうです。
 みんな「誰も自分のことを知らない場所で暮らしたい」って思っているのかもしれません。東日本大震災の時は「人と人の絆が大切」という雰囲気でしたが、今回のコロナではまた違う一面が見えてきたように思います。
 前回の大文字山の時は、山ではマスクなしで、銀閣寺まで下りてきたところでマスクをしました。山頂は賑わっていましたが、ほぼ誰もマスクはしておられなかったです。