オモト

IMG_4406.jpeg

「万年青」と書いて「オモト」と読む。

 縁起物の植物のようで、枯らすとダメだとか、逆に身代わりになってくれたとか、

 鬼門に置くと魔除けになるとか、

 子供にも株分けするなとか、いろいろな言い伝えが耳に入ってくる

 トップの写真は5月初旬で、花の蕾が出てきたかな?って写真。

IMG_4452.jpeg

 上の写真は同じく5月中旬。

 少し大きくなった。

 続いて6月に入って

IMG_4768.jpeg

 花が咲いて

 7月の今、緑色の実ができました。

IMG_5420.jpeg

 これが徐々に赤くなってくるのかな?って思っています。

 このオモトは、今の家に引っ越してくる前は、生きているのか枯れているのかよくわからない状態で、

 葉もまったく成長しないし、一部枯れているし、

 「これ作り物じゃないよね?」って疑うほど一年中変化がなかった。

 それが引っ越してきてからというものの、葉が繁ってきて、

 花が咲いて、実をつけて。

 環境でこうも変わるのかと感心するばかり。

 
 変化がないと、関心も失せてしまうけど、

 変化すると、可愛くて仕方ない

 あんなに無関心だったのに


 環境の変化より、自分が関心を持ったことが大きかったのかなって。

 生き物はみんな同じ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Aki
2020年07月14日 11:17
よくわからない代表格の植物ですが、そんな花と実を付けるのですね~
ちょっと興味わいてきました、買うと高そう…
KURI
2020年07月14日 11:29
Akiさん
 「万年青」という名前で、てっきりあまり水をあげてはいけない系の植物かと思ったら、違っていました。こまめに水をあげていたら元気になったという気もします。(^_^)
カラス
2020年07月14日 11:33
こんにちは。

こちらの記事を拝見して、「おぉぉぉー‼」と呟いてしまいました。
ウチの庭に昔から地植えされている植物の名が分からず、写真を持ってホームセンターの園芸担当に伺うも、分からないままおりました。
「オモト」ですね。分かってスッキリしました。
ウチの母は、まるで違う名前で覚えていたのです。
これまで改築のたびに植え替えされ、だいぶ恵まれない環境にあったのですが、これからは、専門書を見て大事に育てたいと思います。(昨年、鉢植えにした途端、ヒヨドリに実を食べられてしまいました)
ありがとうございました。
KURI
2020年07月14日 12:22
カラスさん
 あらぁ、なんだか思わぬことでちょっとお役に立てたようでこちらもうれしいです。(^_^)
 「あなたはだあれ?」の状態から、「オモトさんだったのね」と、名前がわかると愛着が湧きますよね。ご改築のたびに植え替えしながらも、ずっとお側で生きてこられたお家族ですね。(^_^)

2020年07月14日 14:03
22年前、ここに引越した時、ママ友仲間たちからいただいた万年青。
花は咲きますが、実をつけたことはありません。
植木鉢だからかな??



KURI
2020年07月14日 17:36
しんちゃんママさん
 WIKIを読んでみると、カタツムリ媒花というカタツムリによって受粉されるという珍しい種類ようです。我が家にカタツムリがいたかどうか分かりませんが、ナメクジはいました。(私は何もやっておりません)。花が咲いたならオシベとメシベをくっつけて人工的に受粉させてやると実がつくかもです。(^_^)
2020年07月14日 21:58
ありがとうございました。