年中咲いているベゴニア

IMG_5029.jpeg

 年中と言っても、最盛期は春から秋にかけてだが

 真冬の氷点下に下がる時以外はそこそこ咲いているイメージ。

 毎日の水やりと忘れた頃に入れるちょっとの肥料だけ。


 氷点下になりそうな時は、室内に避難してもらっているが

 それ以外は放置。


 いつもこの色で咲いていてくれるのはありがたい。


 今までに、ベゴニアは何度も購入して枯らしてしまった。



 ある冬の寒い日

 見た目はほぼ枯れてしまったベゴニアの根元に、

 ちょこっとだけ緑色の芽のようなものが見えた。


 「もしかしてまだ生きてるの?」


 凍らないようにとビニール袋をかけてあげて、

 室内ではなく軒下に移動してそのまま忘れていた


 少し暖かくなった頃に

 そのビニールを外してみると

 小さかった芽から新しい葉が出ていた


 それが初めてのベゴニアの越冬だった



 それからそのベゴニアは毎年越冬して

 今年もこうやって元気に花を咲かせてくれている

 もう何年になるだろうか?

 少なくとも5年くらいにはなるだろうか。


 もう家族同様、毎朝挨拶するヤツになっている。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年07月07日 15:13
>初めてのベゴニアの越冬
   →パチパチ。
    春になって、新芽を見つけると感動しますね。
    
    弱って廃棄寸前だったハイビスカス。
    場所を移動して、栄養剤をあげたら、
    新しい葉っぱがどんどん。。。
    しんちゃんのプレゼントなので、
    大事にします。
    
    
KURI
2020年07月07日 17:58
しんちゃんママさん

>春になって、新芽を見つけると感動しますね。
おっしゃる通り! この芽を大きく育てて見せる!って気合が入ります。

>しんちゃんのプレゼントなので
 あらぁ〜、お母さんにハイビスカスを贈られるって、なんて素敵な息子さんなのでしょう。
母にプレゼントした記憶があまりになさすぎて、今になって後悔してばかりです。
2020年07月07日 20:57
「母親、花、喜ぶ!」とインプットされているようです。
いつもの花屋さんで買ってくるので、
花屋さんの奥さんに、
「この前、息子さんが・・・」とバレバレ。
KURI
2020年07月07日 23:20
しんちゃんママさん
 お花をお母さんに買って帰る男子ってかっこいいと思います!(^_^)
Aki
2020年07月08日 11:52
よく見かけるけど、育てたことないな~
カミさんも同じかと、
試しに一株買ってこようかな^^
KURI
2020年07月08日 20:58
Akiさん
 安い多年草で手間いらず。よかったらお一つどうぞ。(^_^)