側溝に咲く花

IMG_6026.jpeg


 近所にある側溝は、普段は水が流れていない。


 しかし、雨が降るとなぜかすぐにあふれて、


 雨水が道路に流れ出す。


 どこかで詰まっているのだろうが、それがどこだかわからない。


IMG_6027.jpeg

 そんなこともあってか、


 側溝の底には浅く土が溜まっていて、


 年に一度、クリーン作戦で取り除かれるのだが、


 今年はこんなだからそれも中止。




 そんないつ流されてしまうかわからない場所なのに、


 いつ除去されるかわからないのに、


 ケイトウとゼフィランサスが元気に暮らしている。


 「今年だけ特別」という偶然の中で生きながらえた命。




 少しドキドキしながら、


 ちょっと周りを見渡して、


 側溝から1本だけ小さなケイトウを引き抜いた。



IMG_6037.jpeg



 今日からここが、あなたの生きる場所です。





 迷惑だったかな?











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

Aki
2020年09月17日 09:27
9月末のクリーン作戦が中止になり、代わりに10月第二週になりました、あまり変わらないような気もします、あちらもどうしていいのかわからないって感じですかね・・・
カラス
2020年09月17日 09:59
そうですか。クリーン作戦は我が地域でも中止になったので、もしかすると、いつもなら刈られてしまう草花が、大きく育っているかもしれません。

「ケイトウ」の「ドウモアリガトウ」の囁きが聞こえてきそうです。


KURI
2020年09月17日 15:56
Akiさん 
 どこも手探りでしょうね。とりあえず予防策は、やれることはやっとけみたいな感じ。効果があるかどうかは関係なさそう。
KURI
2020年09月17日 15:57
カラスさん
 ステキなコメントをありがとうございます。(^_^)
 ケイトウもそう思っていてくれたらうれしいです。