夕暮れのブリ大根

 週末の「道の駅」は、県外ナンバーで賑わっていた。  片道30分の妻とのドライブ。  ほうれん草、菜の花、ブロッコリー、スナップエンドウをはじめ、  じゃがいも、にんじん、レンコン、大根など、2,000円分ほど野菜を購入。  晴れ渡った肌寒い日。  琵琶湖沿いのドライブウエイは、  車の窓から見える景色も…

続きを読むread more

ツナのクリームパスタ

 休日の昼ごはん、妻とふたり。 「何食べる?」 「休みの日の昼ごはんは、やっぱり麺って感じ?」  グチャグチャと乱雑に食材が入った棚の中に、  ひとつ「ツナ缶」を見つけた。  冷蔵庫に戻り、  「うん、牛乳もあるな。よし、クリームパスタにしよう!」  「そうしよう!」 …

続きを読むread more

タンカンで色々作ってみた&散歩

 箱で戴いたタンカンで色々と作ってみた。  ちょっと前にも書いたが、  皮を使ってピールとか。  ホットケーキミックスとピールで、  パウンドケーキとか。  そして、今日はゼリーを作った。  「森永クックゼラチン」とグラニュー糖とタンカン1個。  皮を剥いて身を取…

続きを読むread more

琵琶湖疏水のお掃除

ある冬の日の琵琶湖疏水の散歩でのこと。 年末あたりからだろうか。琵琶湖第一疏水は取水が停止となり、その間に清掃が行われる。  数年前にも見かけたことがあったが、今回たまたま清掃車が置いてあるのを見かけたので撮影した。  これはなんという重機なのだろう? 小型のホイールローダーというのだろうか? 先端のアームの先…

続きを読むread more

「花束みたいな恋をした」

「”花束みたいな恋をした大人2枚”って言うの恥ずかしくない?」 「うん、”お前らその歳でコレ観るのかよ?!って思われるよね」  そんな心配をよそに、タッチパネルの上で指を迷わせながら、  無言でチケットを購入した。  妻とふたり”大人2枚” 。  いや「夫婦50割」で。  「菅田くんというと、この前観た「糸」…

続きを読むread more

ひな祭り

ひな祭りにはまだ早いが、 もう出してもいいと言うので、 妻と二人で大箱をいくつも押し入れから引っ張り出して、 あれやこれや言いながら並べてみた。 誰が何を持って、 どの烏帽子を被って、 何をしてもらったらいいのかよくわからない。 もう50年以上前に妻が買ってもらった雛人形。 五段飾りだか七段飾りだか? 飾り…

続きを読むread more

ハコベ

 お向かいのおばちゃんが言う、  「ビオラの周りの草は”ハコベ”ちゃう?」  「ハコベってあの春の七草のハコベですか?」  葉っぱを1枚摘んで口に含んでみたら、  「なんか苦い」  春の香り? 雑草の味じゃないけど、食べられなくはなさそう。  ということで、摘んできた。 …

続きを読むread more

仕込みの続きと手巻き寿司

 昨夜の仕込みの続きです。  一晩茹でてから水に浸けておいたタンカンの皮。  ギュッと絞って計量してみると400g。(ボウル100g)  砂糖を皮の70%ほど入れるので280gの砂糖で。 フライパンに280gの砂糖とタンカンの皮。水を少し入れて砂糖を溶かしつつ炒めるって感じ。 決して焦がさぬように。 水分がある程…

続きを読むread more

寝る前の仕込み

 友人から送られてきたタンカンを、  風呂上がりにいただいて、その皮を残しておいてある。  こんな風に細く切って、水で洗ってからさっと茹でる。  冷たい水にとってまた洗う。  もう一度さっと茹でて水に浸ける。  最後は朝まで浸けておく。  これは明日、グラニュー糖で煮てから、グ…

続きを読むread more

いつもうつむくキミへ

 ボクはまだキミの瞳を見たことがない  どんなに下から覗き込んでも  表情さえわからないまま  どれだけ恥ずかしがっているの?  キミの名前は素敵だけど  生まれた月とは関係ないの?  強い風に吹かれても  その白い帽子は不思議と跳ばない  ボクはまだキミの瞳を見たことがない  今年もこんなキレイに…

続きを読むread more

「不憫に思う」

 この前は「憂鬱」の記事を書いたが、   この「憫(びん)」という漢字も今までに書いたことがないと思う。  手紙でも「不憫(ふびん)に思います」と書いた記憶がないのは、手紙に使うような言い方ではないのだろう。  不憫以外に「憫」という漢字の使い方がわからない。  調べると、音読みが「びん」「みん」で、訓読みは「憫(あわ)れむ…

続きを読むread more

琵琶湖疏水の竪坑(たてこう)

 近頃、日曜朝の散歩で行く小関越え。  旧東海道から小関町に入り、小関峠を登り切ると左手に小関地蔵。  そのまま舗装道路を進めば、藤尾奥町へいくが、  小関地蔵の先を左折して山に入れば逢坂山へ行ける。  その数メートル先を左へ下ると琵琶湖疏水の藤尾出口から疏水沿いを山科へ向かう方へ行ける。 …

続きを読むread more

そんなこんなのバレンタインデー

 3番目の子が週末帰省した時に買ってきてくれた。  「はい、一応バレンタインってことで」  私「なになに? えー! 仙太郎のモナカじゃん!久しぶりー!」  お供え用はこれとは別に買ってきてくれたので、早速いただいてみた。  この「ご存じ最中」は、つい先日まで京都本店と山科店でしか扱っていなかった。  つい最近、全店…

続きを読むread more

朝マックまでの長い道のり

 暖かい日曜の朝。  午前6時に気配を消しつつ、そーっと布団を抜け出す。  と、自分ではそう思っているが、妻に言わせると相当うるさいらしい。  洗面もせず、髭も剃らずに、着替えだけを済ませ、  おにぎりを2個握り、昆布茶を水筒に入れてデイパックを肩にかける。  旧東海道を西に歩いて、いつもの小関越え…

続きを読むread more

美味しいものと愛おしい行為

 一皿に盛りつけた晩ご飯。  ・大き目のアジの開き  ・だし巻き卵  ・ニンジンとピーマンの和物  ・常備菜のポテサラとスナップエンドウ  アジの開きが3匹分で税抜き398円。  玉子は3人分で4個使った。  ニンジンは1/2本、ピーマン1個。  週末に作っておいたポテサラとスナップエンドウを…

続きを読むread more

自粛生活

 「今の生活、私にとっては自粛生活だと思ってる」  どうして?と妻に聞くと、  「まず、美術館にも行けてないし、コンサートもやってないし、ランチにいくのも気が引けるし、京都をブラブラ歩いてお店を見て回るのもやってないし、イベントにも参加していないし」  「うんうん、確かにそうだよねぇ」  「あなたはどうなの?…

続きを読むread more

如意越え(山科駅・毘沙門堂裏・雨社・山頂・雨社・如意越え・如意ヶ岳・航空保安施設・三井寺・三井寺駅)

今年2回目の大文字山。いつものマルさんと一緒。 朝は冷えていたが、陽が差してくると一気に気温が上がってきた。 山科駅に集合して、スタバの横を潜って北上。スタバはコロナなど何処吹く風で超満席。 琵琶湖疏水に到着すると、水を抜いて掃除中だったが、その掃除も終わって壁がきれいになっていた。(写真上) いつものAコースではなく、…

続きを読むread more

六時屋タルト

 「六時屋タルト」をいただいた。  私は初めて知ったが、愛媛県松山市の名産。  以前に「一六タルト」というのはいただいたことがあった。それとは違うの?  見た目もほぼ一緒に見えるが。  開けてみると、すでに切ってある。ナイフもいらず便利。  食べてみると、イメージ通りの素直な味わい。  一点の…

続きを読むread more

寝る前の空腹に

 私の場合、酒を飲むと食欲が進んでしまう。  風呂上りにビールを飲むと、ついつい「何かおつまみはないかな?」って探してしまい、  少しでも食べ始めてしまうと、キリなく食べてしまう傾向がある。  妻はそんなことなくて、特におつまみは要らないという。  飲まなければ寝るまで腹が空くことはないのだが、  …

続きを読むread more

カニ缶で炊き込みご飯

 もう2年も3年も前にいただいた高級なカニ缶。  もったいなくてなかなか使えずに、  食材の入った棚の奥の方に、ご本尊のように鎮座していた。  今回短期に帰省した末娘が「最後に炊き込みご飯が食べたい!」というので、  「よしわかった!」と、冷凍してあった鶏もも肉をレンジで解凍しようとした。 …

続きを読むread more

家宝のパウンドケーキレシピ

ホットケーキミックスを使って、 簡単にパウンドケーキを2本作ろうと思って始めたが、 2袋(200g×2)あるかと思っていたホットケーキミックスが1袋しかなかった。 すでに卵は2個割ってしまったし、牛乳も2本分出してしまった。 仕方ないので、薄力粉を150gと砂糖50g、ベイキングパウダー15gを足してやってみた。 卵は…

続きを読むread more

ある日の朝食

「これだけ?」  「これで十分だろ」 「十分過ぎるやろ!」  と色々と意見が分かれると思う。  今朝は常備菜が底をついたのでこんなメニューになった。  ・白いご飯 ・インスタント味噌汁(乾燥わかめ・お麩入り) ・生玉子 ・納豆  贅沢って言ったら贅沢な朝食。  さてこれをどういう順番で、どのように食べるか。…

続きを読むread more

馭者座

 晩ご飯を食べてから、  ウインドブレイカーを羽織って湖岸へと走りに行く。  走る前のストレッチで、前屈をしてから後ろへ体を弓なりに反らすと、  天頂付近に五角形が見えた。  漢字で「馭者座」と書くのは、今日初めて知った。  「ぎょしゃ座」と読む。  馭者(ぎょしゃ)とは、「馬をあ…

続きを読むread more

ニベアが好き

 乾癬になってから、  今までは何もしてこなかった「お肌のお手入れ」ってやつをするようになった。  と言っても、カサカサしている部分だけに「ニベア」を塗るだけのことなのだ。  風呂上がり、  お肌が潤っている間に、ニベアを塗ると痒みも軽減し、  お肌もしっとりして気持ちいい。  そ…

続きを読むread more

西近江路

 大津では「北国海道」とも呼ばれているが、一般的には「西近江路」。  大津から琵琶湖の西岸を通って北陸へ続く道。  「壬申の乱」の時には、大海人皇子が不破関から琵琶湖北側から西に回り込んで近江高島の古城「三尾城(みおき)」に行軍しており、 その後、藤原仲麻呂の(乱恵美押勝の乱)においても、平城京から宇治を通…

続きを読むread more

麺が好き

 麺類が好きだ。  うどん・蕎麦・そうめん・スパゲティ・中華麺はもちろん、  春雨・ビーフン・しらたきからトコロテンまでも、麺状のものは全部好きだ。  パンは嫌いじゃないが、あまり食べない。   亡くなった義母は根っからのご飯好きであったが、朝はパンを食べていた。  「どうしてご飯が大好きなのに朝はご飯を食べるので…

続きを読むread more

憂鬱

 「憂鬱」というのはどうしてこんなに難しい漢字を使うのだろう。  これだけ何回も見ている漢字なのに、今でも書けない。  これだけ大きくしてみても、まだ書ける気がしない。  意味は。  1、「鬱蒼(うっそう)と生い茂った。」とかの「鬱」  2、ふさぐ、ふさがるの「鬱積(うっせき)」「鬱屈(うっくつ…

続きを読むread more

アンパン

 アンパンというにはちょっと烏滸がましい(”おこがましい”ってこう書くのか?)。  前回、ホットケーキミックスと絹ごし豆腐であんドーナツを作ったが、  今回はそれをオーブンで焼いただけ。  違いは、今回は「つぶあん」ということだけ。 ホットケーキミックス1袋200gと絹ごし豆腐150gを混…

続きを読むread more