KURIのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「題名のない子守唄」

<<   作成日時 : 2008/01/14 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 
画像

久しぶりにシネマホールで鑑賞してきました。
 「ニューシネマパラダイス」「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品です。

 「北イタリアのトリエステにやって来た異国の女イレーナが、金細工の工房を営むアダケル家のメイドに雇われる。それは周到に策を講じて手に入れた念願の職場だった。完璧な仕事ぶりですぐに主人夫妻の信頼を得ると、最初こそ手を焼いていた彼らの4歳になる一人娘テアの心も確実に掴むのだった。しかし、テアを慈しむイレーナの本当の目的を知るものは誰もいない。さらに、忌まわしい過去の黒い影が忍び寄る。」

 何も知らずに見始めましたが、いくつもの伏線が張られ頭の中はCPU稼働率がMAXになりそう。映像も音楽もそれをうまく表現してとってもスリリング。息も出来ないくらいの緊張感に9割方済んだところで「あとどれくらい続くのだろう?」と時計を見たので、微妙に長過ぎるかもしれません。でも2時間くらいの映画なんです。

 緻密に練られた脚本と映像と音楽、そして俳優陣の演技の素晴らしさ。過激な映像も多く、子供向けではありませんが、なかなか凄い映画でした。

 最後に衝撃の事実が告白され主人公は愕然とする。しかし、「絶望の中にも光は必ずある」という最後の最後の3分間のシーンで、とても後味の良い映画となりました。

 星4つの佳作でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「題名のない子守唄」 KURIのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる