茄子の揚げ浸し

IMG_5560.jpeg

 茄子料理の最初は

 「揚げ浸し」にしてみました。

 半分に切って、ヘタも取らず、

 皮の部分に網目状の切れ込み入れてアク抜き

 その間に浸すタレを準備

 醤油とお砂糖と酒と水、今回はお酢も入れて南蛮漬け風に

 一度火を入れて煮切ります。


 アク抜き終わった茄子の水分をとって素揚げ

 揚ったそばからタレの中へ

IMG_5562.jpeg


 ニンジンとゴボウも余っていたので、そちらも同様に。

 この日は揚げて浸すところまで。

 このまま冷蔵庫に保存して、食べるのは明日。
 

 晩ご飯は、同時に作った常備菜のニンジンのサラダと胸肉の照り焼き。

 玉子焼きと塩鮭で。

IMG_5577.jpeg




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年07月29日 16:16
ナス紺、きれいですね&おいしそう。

>茄子の揚げ浸し
2020年07月29日 16:34
茄子の揚げ浸し、大好き。
  →忘れもしないしんちゃんを出産したY産科の
   「茄子の揚げ浸し」は最高でした。
   柏の個人医院で、お手伝いさんが料理上手で、
   食事がとにかくおいしかった。
   今でも近くを通ると、「茄子の揚げ浸し」を
   思い出します。

   
   しんちゃん兄を取り上げてくれたK先生が
   Y先生の教え子だったことがわかり、ビックリ。
   世間は狭いですね。
   
   
   
   
KURI
2020年07月29日 17:12
しんちゃんママさん
揚げ浸しからの思い出が濃厚ですねー。(^_^)
産院のお話はなかなか感動的。
うちも、我が子たちが生まれた産院とこの度孫が生まれた産院とは別の病院なのですが、助産師さんが同じだったと言う偶然がありました。「あれ?なんでいるの?」って。5人中4人を取り出してくれた助産師さんだったので、びっくりでした。なんだかつながっているんですね。
Aki
2020年07月29日 18:52
 ポイントは網目状の切れ込みなんでしょうね、薄味気味のほうがはかどります。焼きナスも確かに美味しい、かつお節かけてポン酢で。問題は皮むきでしょうか、氷みず作って微妙に冷めたナスを片手で押さえてハシとか串で…
他人のためなら10本でもやるけど、自分のためだと2.3本でギブアップかな?でも美味しい^^
2020年07月29日 22:25
>助産師さんが同じだったと言う偶然がありました
  ⇒あるんですね。
   
K先生は白衣の下にタンクトップとユニークでした。
「あいつは学生の頃から、変わってた(笑)!」とY先生がひとこと。
   
 ちなみに、しんちゃんの出生地は
 柏レイソルサッカー場の近く。
 これも縁かな???
 
   
KURI
2020年07月30日 00:24
Akiさん
 焼きナスの皮むきは、やはりその方法ですねー。きれいに剥けるとうれしい。(^_^)
 ナスは焼いても煮ても揚げても、小さい子供にはウケが悪い。甘い味噌炒めがまだマシだったけど、ゴーヤ、ナス、ピーマン、セロリ、にんじん、しいたけ、春菊あたりは、子供はみんな嫌いだったなぁ。
KURI
2020年07月30日 00:30
しんちゃんママさん


>K先生は白衣の下にタンクトップとユニークでした。
>「あいつは学生の頃から、変わってた(笑)!」とY先生がひとこと。

 白衣の下に着ているものは、ついつい目に入ってしまいますよね。看護師さんでも同様ですが、派手なTシャツだったり、ちょっと妖艶な下着だったり。

>   
> ちなみに、しんちゃんの出生地は
> 柏レイソルサッカー場の近く。
> これも縁かな???
> 
>