明け方の暴雨

IMG_5206.jpeg

 明け方午前4時半から1時間ちょいほど

 過去に経験したことないほどの雨でした。

 7年前に特別警報第一号が今住んでいるところに発令されたが、

 その時よりも強い雨だったと思う

 1時間ちょいで止んでくれたからよかったものの

 あんな雨が1日中降り続いたら、間違いなく何らかの災害が起こっていたことだろう

 
 朝になって大阪に住む長女のところに連絡をしたら

 上の写真のような雨雲レーダーを送ってきた

 「こっちもすごかったけど、絶妙にそれた感じ!」

 確かに絶妙にそれてくれている。


 私の方は午前5時の時点では、あのドス黒い赤い雨雲の中だった。

 窓ガラスに強力なシャワーを10人ぐらいで浴びせられている感じ。

 ガソリンスタンドで洗車機をかけてもらって、その車内にいる感じ。

 何も景色は見えない。

 恐ろしくなるほどの雨だった。


 九州だけの話ではなく、日本中いつどこで起きてもおかしくないことだと思う。

 去年もその前も、その前の年も、「今年の雨は酷かった」と言っていたが、

 これだけ続くとこの雨が

 「例年通り」

 という感覚になった。


 そういう時代に突入したのだと思わざるを得ない。


 これからの子は、

 「梅雨とはこういうもんだ」

 と思うかもしれない。

 
 水の神様がこれほどあちこちにあるのも納得がいく

 もう祈るしかないもの。


 京都に住む次女に連絡すると、

 「雨は大丈夫だったけど、傘が折れた」

 とのことだった。

 よくわからない。


 




 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

Aki
2020年07月08日 14:11
こちらに到達したのは10時過ぎだったかなぁ、
開いていた待合室の北の窓から突風が吹きこみ、
カレンダーとか受付カウンターの小物が吹き飛びました。
西の出入り口の下からは雨水が風と共に侵入し、
一枚目のドアと2枚目のドアの間が水浸し、30年以上住んでるけど初めての経験です。
竜巻警報発令中って防災のスピーカーが鳴り響きうるさかった。
それでも前線の雲の端っこをちょっとかすめただけなので短時間、
あんなのが数時間居座った岐阜や長野は大変なんでしょうねぇ…
KURI
2020年07月08日 21:00
Akiさん
 そちらも大変でしたねー。

 雨も風も地震もウイルスも、
 
 一緒には来ないでね。

 あれもこれも厳重な警戒なんて同時に無理だし。