大文字山(小関峠・如意越・灰山庭園跡・大文字山・山科Dコース・安祥寺上寺跡)


 やっと気持ちよく晴れたGWの1日。

 今回も「如意越(にょいごえ)」で大文字山まで。

 「如意越」は、京都鹿ヶ谷霊鑑寺あたりから滋賀県大津市園城寺(三井寺)までの如意ヶ嶽を通る山道で、京と園城寺を結ぶ最短コースと言われている。山中には以前、園城寺の別院でもある如意寺という大規模山岳寺院があった。またたくさんの戦果の舞台にもなり城郭や土塁も残っている。

IMG_2583.jpeg

 お天気は快晴。

 如意越の道は、ほぼ木漏れ日の道で

 少々の雨でさほど濡れず、日差しで気温が上がりすぎることも少ない。

IMG_2586.jpeg

 写真ではわかりにくいが、

 生えている木の種類によって、

 その空間の色が変わる。

IMG_2587.jpeg

↑灰山庭園跡も美しい。

この灰山庭園は、比叡山を借景にした山岳庭園跡。

この跡地に灰山城という城が築かれたのが室町時代というから、それ以前にあった枯山水の山岳庭園になる。

IMG_2588.jpeg

まだまだあちらこちらに、傷跡がたくさん残っている。

IMG_2589.jpeg

↑ こんな道も好き。

IMG_2594.jpeg

↑今日も如意寺本殿跡の「お願い観音」にご挨拶。

↓「お願い観音」の場所だけは無事なのだが、その周囲はこんな感じで本殿跡はズタズタになってしまっている。

IMG_2593.jpeg

IMG_2596.jpeg

↑自宅から2時間40分ほどで大文字山山頂に到着。

 今日はさすがに満員。ベンチも満席なので、写真だけ撮影してすぐに南禅寺方面へと下っていく。

 持ってきたおにぎりは、どこか場所を探して食べよう。

IMG_2603.jpeg

 近頃、南禅寺に下ることが多かったので、

 たまには山科へ行こうと思って一番定番のAコースを下る。

 Aコースでも、ショートカットコースと、正式なコースがあるのだが、正式なコースを歩くのは数年振り。

 まぁ迷うことはないだろうと思っていたが、しっかり曲がる場所を通り過ぎてしまったようで、

 いつの間にやら違う道を歩いていた。

 どうしてあんなにわかりやすいはずの分岐を見逃したのか、自分でも不思議。

 Dコースに進んでいたようだった。

 このコースを歩くのは、8年振り。

IMG_2605.jpeg

 どうにか下りてこられた。

IMG_2606.jpeg

山科聖天前の青紅葉が美しい。

IMG_2609.jpeg

疏水の水量もたっぷり。

今日もよく歩いた。

18.26km
23,000歩。

4時間8分。

IMG_2610.jpeg

IMG_2611.jpeg

帰宅後は必ず甘いものが用意してあってありがたい。

消費カロリー分をすぐに補給するので、

山を歩いてきても、体重は増える。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ほぼ木漏れ日の道で
2021年05月04日 11:11
>ほぼ木漏れ日の道で
 ⇒何て、ステキなんでしょう。
  新緑&人と出会わない場所を歩きたいです。
  
  
Aki
2021年05月04日 18:27
今日は暑かったね~
低山の季節、個人的には終わったかなぁ

オールドファッションってなんであんなに美味しいんだろう・・・
KURI
2021年05月05日 07:46
しんちゃんママさん

>「新緑&人と出会わない場所」
 そうですね〜。
 マスクもせず、新緑の木漏れ日の下を歩いてリフレッシュしてきました。(^_^)
KURI
2021年05月05日 07:48
Akiさん

>オールドファッションってなんであんなに美味しいんだろう・・・

 同感。いつもこればかりです。 他の家族はチョコ系が多いので、その中にいつも一つだけポツンとオールドファッションを入れてくれます。